「プログラマーの英語学習日記」ブログへようこそ!
このブログでは、日々の英語学習、英検/TOEICなどの英語試験対策、英語教材についての記録を公開しています。

言い換えでスラングを覚える


 ランキングに参加しています→人気Blogランキング(語学・英会話)

言い換えでイディオムを覚える のスラング版です。

International EFL Cafe の、

 American English Slang

コーナーを見てみてください。

ここでも、Spoken Slang と Standard English を同じ文章の中で置き換えて対比させています。例えば、次のようなスラングが紹介されています。

mickey mouse
The homework the teacher gave us was mickey mouse.
The homework the teacher gave us was nonsense and waste of time.

「無駄なこと」「意味のないこと」という意味です。
なぜ、「ミッキーマウス」がこのような意味になるのかはわかりません。。ただ、"mickey"という単語にはもともと侮辱的な意味もあるようです。

他にもたくさん面白いスラングが載っているのでぜひチェックしてみてください。


最新英語学習情報をチェック→人気Blogランキング(語学・英会話)

言い換えでイディオムを覚える


 ランキングに参加しています→人気Blogランキング(語学・英会話)

英語のイディオムを記憶する際には英熟語集や英英辞典などが使えますが、ある文章の中で使用されているイディオムを別の表現、特に、口語表現的ではない通常の表現で置き換えた同じ文章と比較することで、より覚えやすくできると思います。

International EFL Cafe の、

 American English Idioms

コーナーでは、特にアメリカ人が良く使うイディオムについて、同じ文章を Spoken Idiom を使った場合と Standard English を使った場合とで対比させて記述しています。

例えば、air one's dirty laundry というイディオムは次のように紹介されています(実際には横に並べて対比させています)。

air one's dirty laundry
She began to air his dirty laundry at the party.
She began to reveal his embarrassing secrets at the party.

直訳すると「〜の汚れた洗濯物を干す」というイディオムが「〜の恥ずかしい秘密をばらす」という意味であることがわかります。

Spoken Idiom を直訳した意味が、なぜ Standard English の意味になるのかイメージしながら覚えると頭に残りやすいと思います。上の例だと、たしかに自分の汚れた洗濯物を外に出されると恥ずかしいですよね。。

単にあるイディオムを通常の英語表現で置き換えるだけではなく、同じ文章の中で置き換えることで、どのような文章の中で使われることが多いのか(文脈)が頭に残り、記憶しやすいと思います。

このコーナーにあるイディオムを全て覚えるだけでも、結構な数ですので、かなり力がつくのではないでしょうか?


最新英語学習情報をチェック→人気Blogランキング(語学・英会話)

難易度の高い英単語集


 ランキングに参加しています→人気Blogランキング(語学・英会話)

海外の英語辞書 Web サイト Dictionary.comWord of the Day コーナーでは、毎日1語、(私たち日本人にとっては)超難しい英単語を紹介しています。

例えば、本日2006/1/11の Word of the Day は、

bowdlerize:
1. To remove or modify the parts (of a book, for example) considered offensive.
2. To modify, as by shortening, simplifying, or distorting in style or content.

です。私は見たこともない単語です。

1999年から現在までの毎日の Word of the Day コーナーの英単語をリストにしたものが Word of the Day Archive にあります(月毎にまとめられています)。

試しに、2006年12月の分を見てみてください。

私は2、3個しかわかりませんでした。。

これらの英単語を全て覚えるのは至難の技でしょう。たとえ覚えたとしても、使う機会はほとんどないかもしれません。TOEICにはまず出てこないですし、英検1級に出るか出ないか、というレベルのものばかりです。

英単語を効果的に覚える方法の1つに「語源」(接頭辞、語根、接尾辞といった単語のパーツ)を理解する、というものがありますが、その方法を使ってこれら超難関単語の記憶に挑戦してみてはどうでしょうか?今まで全く見たことがない単語でも、単語を構成している各パーツの意味を理解していると、ある程度推測することができますし、いったん覚えると頭に残りやすいと思います。

ちなみに、この Word of the Day は Eメールで毎日受信することもできるみたいです。


最新英語学習情報をチェック→人気Blogランキング(語学・英会話)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。